ようこそ。睡眠不足なプログラマのチラ裏です。

ドラッカー

成長の責任は自分にある


成長に最大の責任をもつ者は、本人であって組織ではない。
自らと組織を成長させるためには何に集中すべきかを、
自ら問わなければならない。